40代は一週間に160分の運動が必要です

ガン・心臓病・脳卒中の日本三大成人病が、中高年(40代から60代)の 死亡率の上位3位までを独占しているのです。

ガン・心臓病・脳卒中による死亡は、全体の死亡率の約60パーセントを占めます。

三大成人病を含む成人病は、悪い生活習慣が原因といわれており、
生活習慣病ともいわれているのです。

そこで、現在死亡率が高い成人病を予防・改善する方法として、 生活習慣を見直していこうという動きが高まっているのです。

その中でも生活習慣の基本である食事と運動の2つが注目を浴びているのです。

このような運動の大切さの啓蒙を受けた人の中には、
それを理解して早速運動を始めようとする人もいることでしょう。

しかし、はりきって運動を始めたまではいいのですが、
準備不足で運動のやり方を間違えたり、やり過ぎてしまったりと、
自分の体力を把握していないために思わぬ事故を招くケースがあります。

本来の目的は自分の健康のために行う運動なのです。
そのことをすっかり忘れてしまい、他の人と競争してみたり、
まだまだ若いつもりで無理なメニューをこなそうとするのです。

せっかく健康のために始めた運動で体を壊しては何もなりません。
ですから運動を始める前に自分に合った適切な運動プログラムをつくって、
計画的に目標を決めた筋力アップ、体力アップをしましょう。

果たして、いったいどれほどの運動が「適切」なのでしょうか?
厚生省の「健康づくりのための運動所要量」を目標にしてはどうでしょう。
以下を参考にしてください。

「健康づくりのための運動所要量」
年代別の1週間の合計運動時間および目標心拍数(拍/分)
20代・・・180分・・・130(拍/分)
30代・・・170分・・・125(拍/分)
40代・・・160分・・・120(拍/分)
50代・・・150分・・・115(拍/分)
60代・・・140分・・・110(拍/分)

*目標心拍数というのは、安静時の心拍数が70拍/分の平均的な人が
 最大酸素摂取量の50パーセントに相当する運動をした場合の拍数。

具体的には、毎分100メートル程度の速足で、毎日25分間歩いてみる。
1分が100メートルなので、25分は2500メートルになります。
ジョギングのように走ってはいけません。あくまでも歩行することです。
そして出来るだけ早く歩きましょう。

自転車ならば毎時18キロメートルほどの速度で25分です。
距離にして約8キロメートル走ることになります。
家の付近でコースを取りやすいほうで始めるとよいでしょう。

また会社帰りに電車の駅を1駅、2駅くらい歩くのも日課になって
続けられるようになるかもしれません。
どの運動にしても毎日継続することが大切なのです。

このページの先頭へ