ガン予防は規則正しい生活、バランスの良い食事、過食しないこと。

三大成人病(ガン、心臓病、脳卒中)のなかでも、特に恐ろしいのがガンです。
人生で働き盛りの40代から60代の人の死亡率1位はガンですから。

医学界の人々の努力により医学は年々進歩を遂げているのですが、
ガンの患者数は減るどころか今もなお増加の傾向にあるのです。

この発病すれば死亡率の高い恐ろしいガンを予防したいと思うのですが、
残念ながら、今のところはガンを完全に予防することは不可能です。

しかし、ガンにかかる前の段階で発病を抑制するために、
発ガン遺伝子を刺激しないようにすることは可能といわれています。

実際に発ガン遺伝子を刺激しないというのは何をすればいいのかといえば、
それは正しい食生活習慣と運動習慣を実践することといわれております。

具体的に、発ガン遺伝子を刺激しないにはどのようなことが有効なのか、
実際に私たちの生活の中でどのように実行すればいいのかを紹介します。

国立がんセンターが提唱する「ガン防止のための日常生活12か条」です。
1.偏食をしないでバランスのとれた食事をする。
2.毎日、変化のある食生活をする。
3.食べ過ぎないこと。
4.大量の飲酒をしない。
5.タバコはできれば禁煙する。
6.適量のビタミンと、たくさんの食物繊維をとる。野菜を食べる。
7.塩辛いもの(塩分)を多量にとらない。
8.あまり熱いものは食べないようにする。熱い飲み物も同じ。
9.カビの生えたものを食べない。
10.日光に当たりすぎない。日焼けを避ける。
11.疲れやストレスをためない。
12.身体を清潔に保つ。

上記の12箇条すべてを日々の生活で実行したとしても、
直接ガン細胞を抑制したり消したりすることはできないのです。

また細胞の中の発ガン遺伝子を根絶することも出来ないのですが、
しかし間違った食生活を改善することや、適度な運動を習慣的に
実行することで身体の抵抗力をつけることができます。

精神的なストレスを発散することも体の負担を減らすという理由で大切です。
身体的、精神的に健康を守ることがガン予防の有効な方法になるのです。

そして、たとえガンになったとしても早期発見によって、
治療が有効にはたらいて致命傷にならない場合もあります。

実際に早期発見して治療した場合には延命期間は確実に延びています。
そのためにも定期的にガン検診を受けることをお勧めします。

このページの先頭へ