低脂肪で食物繊維と抗酸化ビタミンを多く含む食品はがん予防効果がある

三大成人病(ガン、心臓病、脳卒中)は社会問題になっています。

その中で心臓病と脳卒中の2つについては、
発病を引き起こす誘因というものの研究が進んでいます。

それは遺伝によるものやストレスによるもの、またはウィルスが関係するもの、
そして乱れた生活習慣にあるということがわかってきました。

具体的に誘因が特定されつつあるので、そのための予防策が講じられています。
ところが、ガンだけはその誘因や準備段階がよく解明されていないのです。
したがって、今のところはガンを完全に予防することは不可能です。

しかし、食品に関しては、アメリカ国立癌研究所(NCI)が、
ガン予防の計画をスタートさせました。
それは日常食品でがん予防を考えようという趣旨になっています。

名称は「デザイナーフーズ・プログラム」(がん予防食品計画)といいます。
これまでに約40種類の食品についてガン予防効果の可能性が発表されています。

このアメリカ国立癌研究所(NCI)「デザイナーフーズ・プログラム」(がん予防食品計画)
で取り上げられている食品を以下に紹介します。

【野菜】
  にんにく、たまねぎ、トマト、なす、ピーマン、ジャガイモ、人参、セロリ、
  バースニップ、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、芽キャベツ、きゅうり

【果物】
  オレンジ、レモン、グレープフルーツ、いちご、メロン

【穀物・種子】
  玄米、全粒小麦、大麦、大豆、亜麻

【香辛料】
  うこん、しょうが、ローズマリー、セージ、タイム、バジル、たらごん、かんぞう、
  はっか、あさつき、オレガノ

【嗜好品】
  緑茶、紅茶、ウーロン茶

このような研究の結果から、アメリカ食品医薬局は次のような取り決めをした。
低脂肪で食物繊維と抗酸化ビタミンを多く含む食品に対しては、
「がん予防に効果がある」という表示をしてもよいと許可を出したのです。

このページの先頭へ