肥満は生活習慣病の大きな原因のひとつです

肥満というのは、三大成人病(ガン、心臓病、脳卒中)を招く誘因として 特に強く改善を強く求められています。 肥満度は、現在の体重から標準体重を引いたものを標準体重で割り、 100を掛けて算出します。 現在の体重ー標準体重=A  A÷標準体重×100=肥満度 *標準体重は、身長(メートル)の2乗に22をかけて出します (ケトレー指数による標準体重)。 肥満度の目安は以下の通りです。 軽度肥満(肥満度が+10から20パーセントの場合) 中程度肥満(肥満度が+20から30パーセントの場合) 高度肥満(肥満度が+30パーセント以上の場合) 以上のように分けられています。それぞれに適切な減量プランがあります。 それぞれの肥満度に合わせてカロリー制限をする内容になっています。 軽度肥満のケース    女性は1日1600キロカロリー以下の目標から始めます。 男性は1日1800キロカロリー以下の目標から始めます。 この目標カロリー以下の食事を1週間以上続けて様子をみます。 1週間以上たっても減量効果が現れない場合や、1週間したら減量が とまってしまったという場合には、運動を加えることになります。 運動でで消費カロリーを増やすようにするのです。 運動を加えても減量効果が止まってしまう場合にはカロリーを下げます。 女性は1日1400キロカロリーに目標を下げてください。、 男性は1日1600キロカロリーに目標を下げてください。 そのようにして目標の減量ができるようにしていくのです。 中程度肥満のケース 女性は1日1400キロカロリーを目標に始めてください。 男性は1日1600キロカロリーを目標に初めてください。 この目標カロリーの食事を1週間して様子を見てください。 減量の効果がなかったり、途中で止まったという場合には、 軽度肥満の場合と同様に運動をプラスしていきます。 それでも減量効果が途中で止まってしまったときには食事制限を厳しく。 女性は1日1200キロカロリーにして、 男性は1日1400キロカロリーに食事制限します。 高度肥満のケース 女性は1日1200キロカロリーの食事制限からスタート。 男性は1日1400キロカロリーの食事制限からスタート。 軽度肥満、中程度肥満と同じように、1週間様子を見ます。 減量の効果しだいで運動を加えていきます。 そしてそれでも減量の効果が止まってしまったという場合にはさらに食制限です。 女性は1日1000キロカロリーを目標にします。 男性は1日1200キロカロリーを目標にします。 肥満になったら成人病にかかる危険性が非常に高くなります。 食制限に運動は最初は辛いかもしれませんが、がんばって健康な身体を 手に入れましょう。 減量が叶ったときには満足感と達成感が得られるのは間違いありません。

このページの先頭へ