身体的疲労、精神的疲労は成人病の原因になります

生活習慣病とも呼ばれるのは、誤った生活習慣がその病気の温床となることが多いからです。
その生活習慣を改善することで、成人病を防止することが出来るのです。

生活習慣の改善と聞くと、食生活や運動などが思い浮かぶのではないでしょうか。
当然これらのことも重要なのですが、それと健康にとって欠かせないことは
「質の良い休養をとること」があります。

疲労の蓄積は、三大成人病のなかでも特に死亡原因の第1位を占めるガンに
対する抵抗力を弱め、病気を発症させるきっかけを与えてしまうことになります。

「疲労」というのは、時代の変化によって変わります。
昔は疲労といえば、身体を動かしたことによる「肉体的な疲労」でした。
部分的な疲労と言うよりは身体全体の疲労でもありました。

現在の疲労は、身体よりも精神的に疲弊しているという場合が多くなりました。
一日中パソコンの前に座りっぱなしといったことが原因で、
肩や腰など身体の一部分だけが疲労したり、
座りっぱなしによる「運動不足げ原因の疲労」が増えています。

したがって、疲労の回復方法も疲労の原因により異なる対処が必要です。
精神的な疲労に対しては、気分転換や適度な運動が疲労回復に役立ちます。
レクリエーションや趣味の活動など自分の好きなことをすることで、
日常生活を忘れて気分をリフレッシュできることをしましょう。

気分転換には仕事とはまったく関係のないことをしてみると効果があります。
身体の一部分だけに疲労が蓄積している場合は、ちょっとの時間でいいので、
仕事の合間にストレッチや軽い体操で全身を動かすようにしてみましょう。

エレベーターを使わずに階段を登り降りしてみるとか、
トイレも別の階まで行くのも気分が変わって良いかもしれません。

休憩時間を利用して、会社の近くを散歩するのもいいでしょう。
季節ごとに変わる草木の姿を見て、植物の名前を考えて見たり、
外食する場合には、旬の素材を探すというのも気分転換になります。

このページの先頭へ