食事・運動・睡眠・趣味など生活習慣の改善をしましょう

ガン、心臓病、脳卒中の三大成人病を含め、高血圧症、糖尿病、痛風などの
成人病の多くは誤った生活習慣がその誘因となっています。

間違った生活習慣を改善することが成人病の予防となるのです。
発症してしまった場合は、病院で医師の的確な治療を受けるとともに
それ以上症状を悪化させないための生活習慣の改善は重要です。

生活習慣の改善のポイントは、主に食生活と運動、そして休息について
間違って身についた悪い習慣を改善していくことを実行することにあります。

1.食事
・1日30品目の食べ物を栄養バランスを考慮して摂る。
・食事量は腹八分目にして、良く噛むことを心がける。
・脂肪は、植物性・魚由来のものを摂るようにする。
・カルシウムが不足しないように積極的に食べる。

2.運動(厚生省アクティブヘルスプラン)
・生活のなかに運動の習慣を取り入れる。
・明るく、楽しく、安全をモットーに運動する。
・運動を生かした健康づくりをする。

3.肥満対策
・標準体重と肥満を数式で示し、現実を知る。
・エアロビックな運動を取り入れる。
・食生活を改める。

4.睡眠
・生活リズムに合った早寝早起きをする。
・よく寝られるようにする工夫をする。

5.余暇 厚生省の「健康づくりのための休養指針」
・生活にリズムをつける。
・ゆとりの時間でみのりある休養をとる。
・生活のなかにオアシスを作る。

6.嗜好品
・喫煙・・・タバコに関しては「適量」というものはありません。
 「節煙」はあくまで妥協策であり、「禁煙」が絶対的に良い。
・お酒と上手につきあう。・・・飲酒量は、ビールなら大瓶1本、
 日本酒なら1合、ワインならグラスに2杯が目安です。

このページの先頭へ