心臓病とは

現在の三大成人病というと、ガン、心臓病、脳卒中の3つのことです。
これは時代によって変わってきました。

心臓は、収縮することで全身に血液を送り出すはたらきをします。
送り出された血液が体中の細胞に酸素や栄養を運搬していくのです。

そして二酸化炭素や老廃物を集めて心臓へ戻ってきます。
24時間止まること無くポンプのような役割をするのが心臓です。

この心臓を動かしているのは、「心筋」と呼ばれる筋肉組織です。
この筋肉もほかの全身の筋肉組織と何も変わることはありません。
血液によって届けられる酸素や栄養素で動いています。

したがって、動脈硬化が原因で血液の流れがせきとめられると、
心筋は酸欠状態や栄養が行き届かなくなって細胞が死んでしまうことになります。

こうして発作を起こす恐ろしい病気が「心臓病」なのです。
酸素不足に陥った状態を「虚血」といい、「狭心症」と「心筋梗塞」があります。

両者をまとめた言い方が「虚血性心臓病」です。

狭心症とは、心臓をとりまく冠動脈の動脈硬化をいいます。
一時的に心臓に届くはずの血液が滞り、心筋(心臓の筋肉)が酸欠状態となるのです。

そのため発作的に左前胸部付近に痛みが覚えますが、 通常、数秒から2、3分程度で発作はおさまります。

心筋梗塞は、動脈硬化で狭くなった冠動脈に血液の塊(血栓)ができて、
血液がせき止められ、その先の細胞に血液が行かなくなって細胞が死んでしまう状態です。

締め付けられるような激しい激痛が胸を襲います。狭心症と違い、
発作は30分から数時間、あるいは数日間に及ぶことがあります。
また安静にしていても治ることもなく、ニトログリセリンの効果もない、
恐ろしい病気が心臓病です。

このように心臓病の生死は冠動脈の健康にかかっています。
そしてそれは動脈硬化をいかに予防するかが重要なポイントなのです。

このページの先頭へ