動脈硬化は血管の内壁に脂質が蓄積することが原因で起きる。

動脈硬化というのは、動脈の弾力性が失われてもろくなり、
内腔も狭くなって血液の流れが妨げられた状態をいいます。
主な原因は、動脈の内壁にコレステロールなどの脂質が蓄積することです。

三大成人病のうち脳卒中は、動脈硬化の症状が進み、脳に合併症を引き起こしたものです。
そして血液をろ過する腎臓の合併症として腎硬化症があります。
血管の場合は高血圧症や大動脈瘤破裂といった合併症を招きます。

そして心臓に合併症を起こすと、狭心症や心筋梗塞を招きます。
狭心症とは、心臓をとりまく冠動脈の動脈硬化をいいます。
心臓に届くはずの血液が滞り、心筋(心臓の筋肉)が酸欠状態となるのです。

狭心症の発作は左前胸部付近に痛みが覚えますが、
通常、数秒から2、3分程度で発作はおさまります。

心筋梗塞は、動脈硬化で狭くなった冠動脈に血液の塊(血栓)ができて、
血液の流れが悪くなり、最悪は血液がせき止められてしまうのです。
そうなると細胞に血液が行かなくなって細胞が死んでしまう状態です。

心筋梗塞の発作は締め付けられるような激しい激痛が胸を襲います。
狭心症と違い、30分から数時間、あるいは数日間に及ぶことがあります。
また安静にしていて治ることもなく、ニトログリセリンの効果もないのです。

動脈硬化というのは、主な成人病を招く重大な促進要因になるのです。
動脈硬化は生まれつきの体質により発症することもありますが、
動物性脂肪のとりすぎや肥満、高血圧、喫煙が動脈硬化を促進させるといわれます。
また、運動不足やストレスも重大な要因となります。

このページの先頭へ