脳・心臓・手足の動脈硬化の部位別危険信号

動脈硬化は脳卒中、心臓病の要因ともなりかねない病気です。

動脈硬化は、気づかないうちに症状が進行していくことが特徴のひとつです。
気づいたときには、もはやどうにも手の施しようがないことも多い。

脳卒中や狭心症、心筋梗塞といった、直接生命の危険を伴う合併症を
引き起こすまで至っていることもあるほどです。

そんなことにならないようにするためにも、動脈硬化の症状を理解して、
日ごろから関心をもって注意していることが大切です。

脳の動脈硬化の危険信号・・・ 症状が進むと脳卒中の危険があります。
●物が二重に見える。かすむ。
●目が疲れてしょぼしょぼする感じがする。
●手足がしびれる。
●めまいやふらつきがする。
●耳鳴りがする。
●物忘れ、言葉が思うように出ない。
●いらいらする。

心臓の動脈硬化の危険信号・・・ 症状が進むと狭心症、心筋梗塞の危険があります。
●歩いていると胸に痛みがある。
●食後に胸が痛む。
●夜明けや朝方に胸が苦しくなる。
●身体がけだるく、疲れが出やすい。

手足の動脈硬化の危険信号
●手足にむくみが出る。
●手足がしびれる。
●手足の皮膚の色が赤紫色になっている。
●歩くと足が痛くなるものの、少し休むと痛みが消え、また歩けるようになる。
●手足の脈が感じられない。

腎臓病の動脈硬化の危険信号・・・ 症状が進むと腎硬化症の危険があります。
●顔、手足にむくみが出る。
●夜中に3回以上トイレに行くことが多い。
●尿検査でたんぱく尿が出ていた。

このページの先頭へ