定期的に健康診断を受けましょう。

仕事に追われ、家事に追われ・・・肉体的にも、
精神的にもまさにキリキリ舞いの働き盛り、
40代から60代の中高年を襲う病気の総称が成人病です。

なかでも、三大成人病は、この年代の死亡率の上位3位を占めています。 その3つの占める割合は全体の60パーセントになっている。

成人病は、その多くが間違った生活習慣が温床となることから、
生活習慣病とも呼ばれます。したがって成人病の予防、改善のためには、
間違った生活習慣を改善することが絶対的に大切です。

それとと同時に体のメンテンスをすることが大事な要素なのです。
誰でも同じですが、人間の身体はいつまでも若くあり続けることはできません。
生まれて40年から60年も生きていれば、身体のどこかしか「ガタ」がくるものです。

したがって、若い頃よりもメンテナンスに気をつけることが、
この先のまだまだ長い後半の人生を元気にすごしていくための欠かせない条件となります。

まずは、自分の身体の状態を知ることが大切です。
そのためにも定期的に健康診断を受けましょう。
年に1回、たとえば自分の誕生日に受けるようにするのもいいですし、
ご夫婦で結婚記念日にいっしょに人間ドックを受ける、という方もいらっしゃいます。

健康診断といってもいろいろな種類があります。
企業や役所、学校関係者など、勤めていらっしゃる方の場合は、
それぞれの勤務先で法律の規定に沿って健康診断が行われるでしょう。

老人保健法によって市区町村が実施する場合もあります。
内容的にもさまざまで、胃がんや肺がん、または子宮がんといったように、
特定の疾患に限定してその早期発見のために行うものや、
人間ドックのように総合的に検査を行うものもあります。

このページの先頭へ