ガンにならないためのストレス対策

三大成人病で原因別死亡者数の1位にあげられるガンですが、
現在の医学では残念ながら完全にその発症を阻止することはできません。

発ガン遺伝子を根絶することも今はまだできません。
しかし発ガン遺伝子に対して極力刺激を与えないよう、
そっとしておくために有効な方法が幾つかあります。

バランスがとれ、変化のある食生活など、
食事の改善についてよくいわれますが、
それ以外にもストレスをためないことが
大きな効果があると注目されています。

疲れやストレスはガンに対する抵抗力を弱め、
身体のバランスを崩す要因となるのです。

ストレス対策
ストレスに負けない身体と心をつくり、維持するために心得ておくことをあげます。

1.疲れをためない、残さない。
とにかくしっかりと十分に休息をとりましょう。
眠れなくても横になっているだけでも身体は休まります。

2.不満はためない、残さない。
不満や不平は吐き出してしまいましょう。そして吐き出したら、忘れてしまうことです。
新しい気持ちでまたスタートすればいいのです。

3.完ぺき主義は疲れます!
何もかも完ぺきにやろうとすると、小さなミスも許せなくなってしまいます。
そして自分に対する自信を失ってしまうことになります。
失敗を引きずらないこと、次は繰り返さないようにしようと、
前向きに行くことが大切です。

4.潮時が大切。
自分の力ではどうしようもないときには、無理は禁物です。
気軽に助けを求めましょう。またダメだと思ったら潮時を見極めることも大切な勇気です。

このページの先頭へ