運動が苦手な人はストレッチ運動から始める

三大成人病をはじめとする生活習慣病の多くは、
誤った生活習慣が引き金となっている。
生活習慣を改善することが成人病の予防であり、
発症したときには悪化させない大切なカギとなります。

生活習慣の改善は大きく「食事の見直し」と「運動」の2つがあります。
それまで運動らしい運動などまったくやったことがなかった人にとって、
運動を「しなくてはならない」と考えるだけでストレスです。

運動が苦手な方はまず、気軽にどこででも行えるストレッチ運動から
始めてみられてはいかがでしょう。

最初は身体を動かすことで得られる爽快感や満足感を実感することが大切です。
そうすれば徐々にもっと時間を延ばしたり、いろいろな運動を取り入れていこう
という励みに繋がっていくのです。

ストレッチングのポイント
1.反動をつけない。
力んで行うのはかえって逆効果です。静かにポーズをとり、ゆっくりと、 じわじわ筋肉を伸ばしていくことが安全に行うために必要です。

2.伸ばしている筋肉を意識する。
痛みを感じるほどまでやるのはやりすぎです。

3.呼吸は止めない。
余計な力みをやめ、腹式呼吸でゆっくりと大きく息をします。

4.他人と競争しない。
自分の筋肉の伸び縮みに意識を集中させます。

5.身体を冷やさない。
身体が冷え切っていたり、寒い環境でやる場合は、
充分に身体を温め、ほぐしてからにします。

6.クールダウンを大切に。
翌日に疲れを残さないために、ストレッチのあとのクールダウンは念入りにします。

このページの先頭へ